カーブスの料金は?口コミ&体験談【入会キャンペーン実施中】

カーブスの料金は?口コミ&体験談【入会キャンペーン実施中】

woman

 

カーブスは女性専用のフィットネスジムとして人気沸騰中で、すでに70万人以上の会員がいて、全国に1,600店舗もあります。自宅の近くに店舗があって気軽に無理なく通える点や、トレーナーが丁寧に教えてくれて楽しく運動できる点が、評判が高いポイントです。

 

最近では40代以上の女性が多く通っていて、良い口コミが広まって入会する人が増えてきています。以下の目的をもって通っている方が多い傾向にあります。

カーブスに通う目的

 

  1. 運動不足を解消したい
  2.  

  3. お腹まわりの脂肪を減らしたい
  4.  

  5. 肩こりや腰、ひざの痛みを治したい
  6.  

  7. 楽しく自分のペースに合わせて運動をしたい
  8.  

  9. 自宅の近くの店舗に通って、運動する習慣を身につけたい
  10.  

 

カーブスの料金

入会金:15,000円(税別)

月会費:@5,700円(税別)、A6,700円(税別)

月会費はコースによって変動するので、お近くの店舗で事前に確認しましょう!

 

カーブスに初めて通う方は、最初に無料体験で雰囲気を実感してみましょう。WEB限定で無料体験のキャンペーンを実施しているので、まずは近くの店舗で体験してみることをオススメします。

 

チェック

【カーブス】無料体験はコチラから

 

【無料体験の流れ】
@カーブスの店内のご説明を行います(5分)
Aお一人おひとりの健康状態をお伺いします(25分)
B体力測定を行います。(10分)(体年齢・筋肉量・体の脂肪量など)
Cお体の状態に合わせて、健康のために効果的な機械を使った運動を行います(10分)
D継続利用をする際の割引特典や入会についてのご案内をさせていただきます



 

カーブスの体験談@徳島市

カーブスに入ったきっかけは、近所にカーブスができて、チラシなどが入っていてとても気になっていました。しかしどんなシステムなのわからなかったので、躊躇し行くかどうか迷っていました。

 

すると友達が始めるようになり、感想を聞いてみると、とっても気軽にできて適度な運動量で、肩こりも解消されて調子が良いと教えてくれました。私も最近肩こりもあり、運動不足だったので早速問い合わせてみました。

 

料金も他のフィットネスクラブに比べてとてもお手軽で、とりあえず、何回通っても税込6,156円のコースで始めてみました。徳島市内の近所のカーブスに自転車で通い始めました。最初は緊張しましたが、担当の方が、とてもお話しやすく今の体の気になるところや、私の運動能力や体力を把握してくれて、無理のない運動量のカリキュラムですすめてくれました。

 

短時間で、さっと行って気軽に運動できるので、とても私の性格や生活スタイルにぴったりでした。服装も軽く運動できる服装で良いので、そのままカーブス行って買い物したり銀行へ行ったりと、出かけたついでに通えるので、とても長続きしそうです。わざわざ着替えを持っていってシャワーをする必要がないので、面倒くさがりやの私にはとても好都合でした。

 

1か月ほどすぎて、体重が無理なく減っていたのでびっくりしました。食べる量は今までと全く変わっていない状態でした。また、階段を上がってもしんどくなっかたり、自転車にのってもつらくなっかたりしてきました。筋力がある程度ついてきた証拠だと実感しました。そして長い間悩んでいた肩こりが、だいぶん解消されました。

 

前までは、肩が少しあがりにくく、趣味の手芸や、本を読んだり、パソコンした日は肩に石がのっかったように重かったのですが、カーブスに行った翌日には軽くなっていました。カーブスは一人で自分のペースでできるところが、とても良い点だと思います。

 

フィットネスやヨガ教室だとやはり時間も決まっており、一斉に同じようにすすめていかないといけないので、おっくうになってしまう面があります。担当のトレーナーの人が付いて個人的に対応してくれるので、助かりました。

 

担当のトレーナーの方はみなさん、とても明るく感じの良い方ばかりで、カーブスに入るとすぐにあいさつしてくれて、いつも元気をもらっています。最近、カーブスで、よく時間帯が一緒にみかける方とお友達になり、声をかけあいますます楽しくなりました。

 

カーブスの体験談A福島県郡山市

二人目の出産を機に会社勤めをやめてしまいました。そして、引っ越しなども重なってどんどんストレスが溜まっていき、これは何かストレスを発散しなければという思いでカーブスをやってみたいと思ったことがきっかけです。

 

また、若いころに比べて体に疲れとゼイ肉がたまるようになってきました。とにかく歩くことはよくしましたが、それだけではまったく改善させず、また、授乳しているととにかくお腹がすきます。子供の相手であまりゆっくりご飯を食べる時間も持てないので、ついつい夜中に甘いものを食べてしまうようになってから太ってきました。

 

そろそろ何か始めなければと思ったところに、女性専用というところが気に入って、郡山にあるカーブスに行ってみようと思いました。

 

料金は毎月5,700円(税別)、入会金15,000円(税別)でした。何度でも通いたい放題なのでお得と言えばお得ですね。ちょっと入会金が高いかなあと思いましたが、どこの店舗もキャンペーン期間がいくつか年の中でありますので、そのときにうまくタイミングが合えば入会金を安くして入ることが可能です。また、店舗によってはお友達紹介制度などもあるようなのでうまく使ってみると良いと思います。

 

正直な所、若い人はあまりいません。主婦や年配のおばさま方が多い気がしますが、逆に普通のスポーツクラブだとインストラクターがかっこいい男性だと、インストラクターの奪い合いになったり、気を使ったオシャレな格好で行かなければと思ってしまいがちですが、福島県とで女性専用ということもあり、気をつかわないほのぼのとした雰囲気です。インストラクターさん(機械を説明してくれる人)やスタッフさんは、みんなとっても明るくさばさばしていてお話がしやすいです。

 

女性専用なので怪しい男性会員は勿論いませんので安心して通えます。ショッピングモール近くなのでわざわざカーブスだけの為にいかなくて良いところも気に入りました。引っ越ししてなれない場所での生活の中でも溶け込みやすい県民性なのか、カーブスも新人さんでも全く問題なく、来た会員さんと気さくにお話しながらできるところが良いです。

 

できればもっと若い女性会員さんがいればいいなあと思います。お友達になるにはちょっと年齢層が高いなあと感じましたが、とても良いお店だと思います。小さい子供同伴で行けたらもっと良いなあと思います。

 

カーブスの体験談B妹がきっかけ

入会のきっかけは3つありました。

 

  1. 妹が通っており、インストラクターの丁寧且つ個人に合わせての指導を高く評価しており、私も興味があったから
  2. 持病の腰痛が障害に渡って考えられる為、全身の筋肉をつけて腰痛予防・腰痛の軽減が必要だったから
  3. 太っていることと、筋力・体力がない為に、自分自身でも気にしていたから

 

実際に体験するまでに、既に長らく通っていた(現在でも通っています)妹から、カーブスのパンフレットや、腰痛予防対策の小冊子をもらいました。

 

その事もあり興味はより一層、増していきました。また、産後の骨盤が開いたまま固まってしまった事、寝不足や疲労、ストレスから産後太りが下半身に著名に現れ、悩んでいたのも大きく関わっていました。

 

体験時は、インストラクターの方の丁寧な熱心ある指導に嬉しかったのと、知らない知識は怖いとも感じました。入会したかったのですが、まだ子どもが産まれて間もない事から、悩んだ結果育児に専念する為に断念しました。

 

料金的には、相場と感じていますが、強いて言うなら日曜日や祝日は、半日だけでも開店されていれば、育児中でも通えた可能性が高かったと思います。これは、あくまで私の環境からの理想であって、不満ではありません。

 

通おうと思って体験した店舗は、隣にスーパーもあり、駐車場も広く、自宅から車で10〜15分の場所でした。子どもがもう少し大きくなり、日常生活の世話や時間的に余裕が出てきたら、通おうと思っています。

 

単に鍛えるといったイメージから、個人の身体の状態と日常生活状態を把握してからプランや、アドバイスを準備されるインストラクターの方には尊敬といった言葉も合うと思いました。同時に、今までの高くて短時間のトレーニングといった誤解を詫びなくてはとも思った程でした。

 

妹が長らく通い続ける理由が、体験を通してやっと身をもって分かったのも本音です。妹は引越しして、他の店舗という形にはなってしまったものの、今現在も通っています。私は一卵性双生児(双子)ですが、外見が全く別人です。

 

これは、産後以外にも日々のトレーニングのお陰と考えています。実証的でもあります。筋肉が適度のついている妹と、脂肪がたくさん付いて、中途半端に筋肉もある私では、サイズも疲労度も外見も全く違います。これには、ショックと焦りもあります。

 

今のままでは、外見どころか持病、長らく続く育児と家事、体力も必要あるといった個人的な背景も踏まえて、近い将来はカーブスにお世話になろうと考えています。

 

ぽっこりお腹の原因と対策

 

ぽっこりお腹に悩んでカーブスに通う方も中にはいるでしょうか。ぽっこりお腹は大きく2つに分けられます。1つ目は、便秘も含む宿便によるぽっこりお腹です。2つ目は、肥満による脂肪蓄積によるぽっこりお腹です。この2つの原因と解決策、結果を具体的に書いていきます。

 

便秘によるぽっこりお腹

人は飲食後、身体に必要な栄養を吸収し、不要物を排泄として消化しています。これに関する大きなキーワードが新陳代謝と、適度な運動・水分接摂取量です。

 

排尿はスムーズでも、排便はスムーズにはいかない事もあると思います。それには、仕事中や外出中、トイレ中に人が入って来て便意が無くなってしまった等、周囲の環境の影響を受けやすい事も特徴です。また、ストレスや不規則な生活リズム、食事時間がバラバラ、交代勤務、妊娠中、生理前後、術後や病気中、内服中といった様々な環境も要因となってきます。

 

そして、排泄されるべき便が、排便されなかった状態が続くと便秘となり、硬便となって排便される事になります。この時に、排便痛を伴ったり、少量の出血をしたり、排便に時間を要したりと実に個人差があります。

 

排便が毎日ある人や、1日おきが自分のスタイル等と、必ずしも毎日、排便があるのではありません。これは異常ではなく、個体差もある為、自分の中で何日、便が出ないか、またその時の症状(お腹が張って苦しい、出そうで便が出ない、出ても少ししか出ない、出てもウサギの便状態(これを兎糞状と言います)等)、様々です。

 

このような状態の時、お腹がぽっこりとして、ベルトや洋服がきつく感じる人もいます。ぽっこりお腹は比較的、痩せている人が著明に感じられます。標準体型の人も感じやすいのですが、肥満傾向の人は感じ方が薄れる人もいます。

 

解決策として、便をスムーズに出さないと悪循環となってしまいます。上記と重複しますが、便秘になると硬便となり、なかなか排便が思うようにいかなくなります。時に、排便痛等も伴い苦痛や時間を要していくようになります。この状態になると、ぽっこりお腹は、解消されず悪化していく事態へとなってきます。

 

排便をスムーズに促し、ぽっこりお腹を解消・改善するには、水分摂取量を多くし、身体を動かし運動をすると腸の動きが良くなります。水分は、可能なら(アレルギーがなければ)起床時に冷たいお水や牛乳を飲んだり、白湯を飲む事がお勧めです。また、同時にヨーグルトやバナナ、果物、野菜スープがお勧めです。これらは、食物繊維を多く含んでおり、腸のお掃除をしてくれる働きもあります。

 

排便がないからと、食事をしないのはお勧めできません。腸は、飲食物が入ってくると生理的に蠕動運動をします。便秘時は、この蠕動運動をより活発に促す事で、排便へ導き効果を促すという根拠があります。結果、硬便が排出された後は、普通便(苦痛を伴わない排泄)が出たり、排便が見られるようになっていきます。

 

あまりにも排便が苦痛な場合は、下剤や浣腸を使用して、排便を促す事もあります。この場合は、内科やかかりつけの病院を受診し、自分に合った下剤か浣腸を処方していただくと良いと思います。

 

脂肪蓄積によるぽっこりお腹

人には必ず脂肪組織があります。この脂肪組織が多すぎると、肥満体や体脂肪が多いといった分類に入ります。標準の量の人は、適正体重や標準といった分類に入り、逆に少なすぎると痩せや低脂肪といった分類に入ります。

 

ここでは、肥満体や体脂肪が多い人がメインとなります。肥満体は適正体重、又は標準体重と呼ばれるものがオーバーしている状態で、外見から見ても一目瞭然です。また、一見、痩せていてもお腹だけはぽっこり出ていて膨らんでいる状態の人も当てはまります。

 

上記に当てはまる人に共通しての解決策は、バランスのとれた食事、適切な運動、規則正しい生活、睡眠不足にならないといった幅広い日常生活のスタイルを見直し、修正が必要となってきます。これら全てが必ず可能にできなくても、意識して注意して長く継続する事が必要であり、大切になってきます。

 

また、基本ベースとなっており、欠けたのが長くなると事態は改善方向には向かないといった特徴があります。本人だけではなく、家族や周囲の人達の協力も必要になってきます。

 

目にはなかなか効果が出にくい・見えにくいとしても、体重測定や腹部レントゲン・CT撮影、血液検査をすると効果がよくわかり、継続する意欲が沸いてきます。実際に食事を気をつけるだけでも、血液検査でコレステロールや悪玉菌が下降、善玉菌の上昇等が結果となって現れてきます。

 

体重や体脂肪が減少し、筋肉が少しずつ増えていくと痩せやすく疲れにくい、体力や免疫力が上がるといったメリットがあります。外見もしまってスリムに見え、姿勢も良く見えます。励んだだけ結果となって現れる部分である為、少し頑張って脱ぽっこりお腹にしたいですね。